テーマ作りとAppInfo

私はPCがWindows7なので、i-FunBoxでiPhoneの中身をいじって自分の作ったテーマを入れたりしています。
それで、iPhoneのテーマは、日本語にしたiFunBoxでは以下の場所にあります。

Raw ファイルシステム/Library/Themes/

この中に自分の作ったテーマ(ここではpink-heart [HD].themeです)を入れて、White Board
でテーマにチェックを入れ、iPhone4をリスプリングまたは再起動すれば適用されます。

しかし、Cydiaなどで古いテーマをインストールしてみると、WBでチェックを入れて再起動しても適用されないことがよくあります。
これは、iOSがバージョンアップする度にテーマに使われている画像の格納場所や、画像のファイル名が変わっていることがある為です。

たとえば、iOS4.1では大抵のアイコンはテーマフォルダ/Bundles/アプリ毎のID名が付いてるフォルダ/の中に格納されていて、アイコンの名前もicon@2x.pngが普通です(違う名前の場合もある)。

d0204132_23165420.jpg


しかし、それ以前のiOS用と思われるテーマフォルダを見てみると、アプリのアイコンはテーマフォルダ/Icons/の中に格納されていて、アプリの名前.pngの様な名前です。

また、iOS4.2.1では、アイコンの名前がicon@2x~iphone.pngに変わっているそうです。





それで、iOS4.1の場合はアイコンを格納するのにアプリ毎のID名を調べないとフォルダが作れません。
それを調べるのにずっと、i-FunBoxで、アイコンを作りたいアプリを探して、そのフォルダにあるアイコンの名前を確認するのと同時に、Info.plistというファイルをPCへコピーして、その中のCFBundleIdentifierというのの値を調べていました(これがアイコンを格納するフォルダの名前になる)。

d0204132_2329593.jpg


d0204132_2330288.jpg


たまにエディタで開けないInfo.plistがあったりして、かなり苦労してました・・・昨日までは。
昨日まで知らなかったんですが、Cydiaでダウンロードできるアプリに、アプリの情報を表示するAppInfoというアプリがあるんですね。

d0204132_23344875.gif
 

これが優れもので、情報を見たいアプリを選択してタップすれば、IDが一目瞭然。
もっと前に知っていたら・・・。

d0204132_23365038.jpg


まあ、これから新しくアイコンを作る場合は、楽が出来そうです。
そういえば、アイコンの名前ですが、icon@2x.pngの事もあれば、Icon@2x.pngの事もありました。
iOSではアイコンのファイル名は大文字小文字を正確にしないと読み込んでくれませんので、Windowsで慣れている人は注意が必要です(Windowsはファイル名の大文字小文字を区別しないので、どっちでも同じファイルとして認識するため)。
それで一度はまりました・・・何のアイコンだったか忘れましたけど。

アイコンの大きさ(単位はピクセル)
iPhone4(Retinaディスプレイ用)118x120
iPhone3GSなど 59x60

アイコンの形式はpng
png形式にも色々あるのですが、私はPhotoshop Elements7を使っていますが、作成した画像を別名で保存でPNGを選択して保存することで、問題なくアイコンが表示されています。
[PR]
by norippeipon | 2011-02-11 23:59 | テーマ(要WB)

iPhone4で設定したことや入れたアプリ、カスタマイズしたことの覚え書き


by norippeipon