iPhoneで動画を観る

iPhoneで動画を観るには、iTunesのライブラリにあるムービーへ動画を登録?して、iPhoneのムービーを同期でiPhoneへ入れるとできます。

* 対応するビデオフォーマット
  H.264ビデオ:最大720ピクセル、毎秒30フレーム、メインプロファイルレベル3.1(最高160KbpsのAAC-LC)、 48kHz、.m4v.mp4.movファイルフォーマットのステレオオーディオ
  MPEG4ビデオ:最高2.5Mbps、640x480ピクセル、毎秒30フレーム、シンプルプロファイル(最高160KbpsのAAC-LC)、48kHz、.m4v.mp4.movファイルフォーマットのステレオオーディオ
  Motion JPEG(M-JPEG):最高35Mbps、1280x720ピクセル、毎秒30フレーム、audio in ulaw、.aviファイルフォーマットのPCMステレオオーディオ

ただ動画といってもいろんな形式があるので、観られない形式の動画ファイルの場合は、それをiPhoneで観られる形式へエンコードしなければなりません。
そのエンコード変換をWindows上でしてくれるのが、XMedia Recodeという無料ソフトです。

XMedia Recodeのダウンロードページ (by 窓の杜)
対応OSはWindows2000、XP、Vista、7



上のリンクの窓の杜のページからXMedia Recodeをダウンロードします。

d0204132_3392383.jpg

このようなアイコンをダブルクリックしてXMedia Recodeをインストールします。
インストールするとデスクトップにこんなアイコンが出来ます。
d0204132_3411278.jpg


インストール後に立ち上げるとこの画面になりますので、赤で囲った「一般」のところを設定します。
プロファイルの2つめの項目は他の形式もありますので、自分の好きな形式にするといいでしょう。
d0204132_3432713.jpg


さっそく動画ファイルをエンコードしてみます。
左上にある「ファイル...」のアイコンをクリックして、エンコードしたいファイルを指定します。
ここでは、Windows7に最初から入っているサンプルビデオを使います。
d0204132_345578.jpg


次の画像のような画面になったら、ファイルをクリックして青く反転させ、「リストに追加」の+アイコンをクリックしますと、その右にある「エンコード」アイコンがハッキリ表示されます。
右下の「出力ストリーム形式」を選択します。
d0204132_347711.jpg


「エンコード」アイコンをクリックすると、動画のエンコードが始まります。
大きなファイルほど時間がかかりますので、終わるまでじっと待ちましょう。
d0204132_349128.jpg


エンコードが終わるとこのダイアログが表示されます。
d0204132_350293.jpg


エンコードした動画の保存先を開いて、iTunesを立ち上げ、保存先からiTunesのムービーへ動画をドラッグ アンド ドロップで追加します。
d0204132_3515846.jpg


iPhone4をiTunesと繋げて、デバイスのムービーのところを開き、ムービーを同期にチェックを入れます。
それから、「すべてのムービー」にチェックか、同期したいムービーだけにチェックを入れます。
d0204132_3535365.jpg


同期が終わると、iPhone4にビデオが保存されています。
iPodのビデオを開きます。
d0204132_3592713.jpg


ムービーリストの動画名をタップすると、動画の再生が始まります。
音量ゲージなどの表示は、画面をタップすると現れ、しばらくすると隠れます。
d0204132_40261.jpg


d0204132_404599.jpg

[PR]
by norippeipon | 2010-11-26 00:26 | iPhone4(iOS4.1)

iPhone4で設定したことや入れたアプリ、カスタマイズしたことの覚え書き


by norippeipon