どうしてiPhone用の自作テーマを作るようになったのか

どうしてiPhone用の自作テーマを作るようになったのか・・・と、つらつらと考えてみたんですが。
もともとWindowsユーザーでMacはさっぱりわからないんですけど、Windowsって昔からデスクトップの色変えたりとか出来るじゃないですか。
Windows7には最初からAeroテーマもありますし・・・ってXPの時と違ってあんまりいじってないんですけど。
iPhoneでもやっぱり色を替えるくらいは出来るかと思っていたら、そのままでは何も出来ないんですよね。
色の反転くらいでしょうか、デフォルトで出来るのは。

いやまあ、そのままでもシンプルでカッコイイんだとは思うんですけど、自分の趣味じゃないんですよね。
それでJBしてCydiaやネットでテーマ探しをしたわけですが。
たぶん、iPhoneのテーマを作って公開してる人って男の人が大半で、カッコイイのは多いんですが、可愛いのが無い・・・。
せっかく可愛いアイコンのテーマがあっても、全部には適用出来なくてかえって変になったり、ホーム画面は何とか可愛く出来ても、アプリを開くととたんに青いデフォルトの世界。
無料テーマのほとんどがホーム画面とロック画面だけだったからです。



実際、作り始めて、どうしてホームだけとかロック画面だけのテーマばかりが存在するのかがわかりました。
iPhoneのテーマの構造のわけわからなさのせいで、ものすごくテーマを作るのが大変なんだってことが。
膨大な画像の数々、しかし、ファイル名だけではそれがどこに使われてるのかサッパリわからないという状態。
背景やボタンも小さい画像をビヨーンと伸ばして表示されてたり(データを小さくする工夫なんだとは思うんですが)、とりあえず作ってみた画像を適用してみないとどう表示されるかがわからないのです。
Safariの背景画像なんか、それは無いだろうというような引き延ばされ方をしてます。。。

テーマを作り始める前、iOS4.2で使える有料のトータルなテーマをCydiaで買って、それを元に色々と研究?しました。
しかし、どの画像がどこに使われるかは、やはり自力で調べていかないとわかりませんでした(画像が一緒くたになってるから)。
それで、テーマを作るのに当たって、適用カ所ごとに別のテーマにしていくことにしたのです。
これは自分が作ってて、どの表示用の画像かが大体分かるようにする為と、一部だけを簡単に他のテーマと入れ替えられるようにする為(例えばシグナルのテーマは他のにするとか)でした。
iOS5用のテーマを作るとき、全部出来てからトータルなテーマとして配布しようかと考えたのですが、この適用カ所ごとに配布というのは、他の方のテーマ作成の役に立ってる気がしたので続けることにしました。
実はiOS4.2.1用をiOS5用に修正したテーマを配布し始めてから、そう思ったんです・・・iOS5で変更がかなりあった部分のテーマのダウンロード数が著しく多いので、テーマは使わないけど自作の参考にしたい人がいるんじゃないかなぁと。

話はテーマを作り始めた理由に戻りまして。
色々探して、トータルなテーマがあっても、ピンクとなるとショッキングピンクやパープルピンク、ピンク+黒、ピンク+紫とかどぎつい配色ばかり。
iOS4.1の頃、iOS3用?のテーマでサーモンピンクのテーマがあったので、自分で作るまではそれをリネームして使ってました。
そのテーマにはピンクのキーボードの画像もあったのですが、iOS4.1では適用されませんでした。
たぶん、iOS4.1からキーボードの表示の仕方が変わったんだと思います。
iOSはアップグレードする度に画像のファイル名が変更になったり、置き場が変わったり、違う表示の仕方になったりするようなので、iOSのバージョンが変わるとテーマもそのままでは使えなくなることが多いです(特にアイコン類)。
なんでそんな面倒くさそうなことをするのかわかりませんが・・・。

作成画像が比較的少なかったので、手始めにネコのWi-FIのアイコンとあしあとシグナルアイコンを作りました。
それが去年の今頃ですね。
自作テーマの配布開始は2月26日にしているようですが。

それからステータスバーのバーの色を変えたり、アイコンの色を変えたりしました。
とりあえず簡単そうなところから自作していって、徐々に増えていった感じです。
ナビバーやボタンのテーマは拾ってきたサーモンピンクのテーマをiOS4に合わせてリネームしたのや、Cydiaで買った木目模様のトータルなテーマを使ったりしてました。
Pink-Laceテーマは、4月に上下のナビゲーションバーとボタンも自作しようとイメージを固めていた矢先にリクエストがあったので、かなり根を詰めて作った記憶があります。

それからしばらくは、iOSもアップグレードせずにiOS4.2.1で過ごしたので(一瞬iOS4.3にしたことがありましたけど)、その間は新しいテーマを作ることも無く、ブログの更新も減ってましたが、去年の年末にiOS5.0.1の紐無しJBツールが出たのを切っ掛けにiOSをアップグレードして、年明けから今までのテーマをiOS5に対応させたりしてました。
それは現在も続いてますが、Pink-LaceテーマをiOS5用にするに当たって、あまり使ってないから放ってあった標準アプリのテーマも作る事にしました。

本当は先にテーマの根幹部分(ナビバーやボタンなど)を作るべきなのかもしれないのですが、iOSのテーマのわかりづらさのせいで、沢山あるボタンなどが何に対応してるのかがわからず、わからないのはいちいち検証しないといけないので時間がかかってます(今のテーマでもそこそこ対応してるというのも後回しになってる理由)。
その上、標準アプリの画像も全部標準アプリのフォルダに入って完結していてくれればいいのに、他のアプリと画像を共有してたりとかで。
それでカレンダーアプリには、リスト表示部分のバーを余分に入れてあったりとかします。
そのせいで他に影響が出るんですけど・・・まあ容量節約の知恵なんだとは思うんですが。

標準アプリ全部をピンクにするつもりは無くて(コンパスやボイスメモなんかはそのままでいいと思うので)、今作ってるのは時計。
リマインダーと天気あたりがその次かな~と。
計算機は色変更するだけでもすごい数の画像で、ちょっと引いてます・・・。
カメラもどうしようかなと。標準のカメラは使ってないので(ProCameraを愛用)。
現在のテーマ作成状況はそんな感じです。

それにしても、iPhoneをJBして1ヶ月後には日本語フォントの置き換えをしているところを見ると、よっぽど角ゴシック体が気に入らなかったようです。
昨日も、Safariのブログ表示がヒラギノ角ゴシックに戻っていて、カッチリしすぎている感じにすごく違和感がありました・・・。
なので結局、再度フォントの置き換えをしています。
それに加えてWinterboardでフォント切り換えも併用してます(置き換えたのとは別のフォントで)。
Winterboardのフォント切り換えを使うと、ホーム画面で同じ日本語フォントの英数字を表示出来るので。
他の英数字システムフォントはBytaFontで置き換えています。

なんだか長々と自分語りをしてしまいました。
全部読んだ方、大変お疲れ様でした。
これからもよろしくお願いいたします。
[PR]
by norippeipon | 2012-02-21 09:58 | その他

iPhone4で設定したことや入れたアプリ、カスタマイズしたことの覚え書き


by norippeipon