iPhone4でのFaceTimeの使い方

d0204132_22192326.jpg

設定電話のところにある、「自分の番号」の直下に「FaceTime」というのがあるので、それを「オン」にすると、iPhone4から国際SMSを送信し、アクティベーションが開始されます。
通常は数秒から数分で使用出来るようになります。

アクティベーションが成功すると、「FaceTime」が「オン」の状態のままで、その下に「お使いの電話番号はFaceTimeの相手に表示されます」という一文が表示されます。





FaceTimeが使えるようになると、この様なボタンが連絡先の情報の画面に表示されます(FaceTimeをかけるためのアプリアイコンというものは無いです)。
連絡先などから、このFaceTimeボタンをタップすることで、FaceTimeがかけられます。
d0204132_22201055.jpg


また、よく使う項目や履歴では、FaceTimeをかけた番号にはビデオマークが付き、ビデオマーク付きの相手をタップするとFaceTimeをかけられます。
d0204132_22203466.jpg


それから電話を掛けている時の画面に出てくるFaceTimeのボタンを押すことで、電話中にFaceTimeへ切り替えることもできます。
この場合、最初の電話中は電話代がかかっているのは確実ですが、FaceTime切替後にも電話代がかかっているのかはわかりません。
d0204132_2221141.jpg


FaceTimeは基本的にWi-Fiが使える状態でないと使えません。
まれに3Gデータ通信回線でも使えることがありますが、画像がカクカクになったり音声が途切れたりしますので3Gでの使用はお勧めできません。

お出かけ先でWi-Fiにつなぐ事はあまり無いと思いますが、Wi-Maxや公衆無線LANサービスを利用すれば、外でもFaceTimeが利用出来ます。

FaceTimeは電話回線を使用しないので、無料でビデオ通話ができます。
通話先は国内外を問わないので、国際ビデオ通話も無料で出来るのがいいですね。
もちろん、遠方の人とのビデオ通話も無料ですから、遠距離恋愛でラブコールに使ったり、祖父母に孫の顔を見せるのに使ったりという用途もありそうですね。
[PR]
by norippeipon | 2011-06-06 19:41 | iPhone4(iOS4.2.1)

iPhone4で設定したことや入れたアプリ、カスタマイズしたことの覚え書き


by norippeipon